FTPクライアント「SmartFTP」日本語化と使い方

「リモート ブラウザー」のタブ表示名を好みに変更しよう

SmartFTPの「リモート ブラウザー」のタブに表示されるデフォルトの内容は、FTPサーバー名とユーザーIDとなっています。別にこのままでもいいのですが、「表示をすっきりさせたい」「複数のFTPサーバーを管理しているのでパッと見、わかりやすくしたい」という人もいるでしょう。それには「お気に入り」を編集すればOKです。実はこの「お気に入り」には重要な設定がいろいろとつまってるのですが、ここでは「タブの表示名を変える」という部分だけを紹介します。

デフォルトのタブ名
[写真1] デフォルトのタブ名は「(FTPサーバー) - (ユーザーID)」になっています。これをわかりやすく「@homepage」にしてみましょう。
お気入りの管理
[写真2] SmartFTPのウィンドウ右上にある星印のアイコン「お気に入りの管理」をクリックします。
お気に入り→右クリック→名前の変更
[写真3] 「お気に入り」ウィンドウが開きます。フォルダ「Favorites」→「Quick Connect」(なぜかこれは日本語化されていません)の中に「ファイル名」としてサーバーが登録されています。これを右クリックして「名前の変更」を選択します。
名前の変更中
[写真4] 名前の変更ができる状態になります。ここでは「@homepage」と入力してみました。入力を終えたら「Enter」キーを押します。
新しいタブ名「@homepage」
[写真5] リモート ブラウザーのタブ名が「@homepage」に変わりました。これでタブが見やすくなりました。

タブ名が見やすくなると、気分スッキリ作業もはかどる? お気に入りには本当はSmartFTPの高性能な機能を利用する設定が含まれています。ここでは触れませんが、右クリックして「プロパティ」を選ぶと設定画面が表示できます。かなり詳細な設定ができることにきっと驚くこと間違いなしです。