FTPクライアント「SmartFTP」日本語化と使い方

どこからもファイル/フォルダをアップロード、ダウンロード

このページは「ダイレクト転送」という分類になっています。というのもSmartFTPにはかつて「キュー転送」というモードもあったからなのですが(バージョン2.5まで)、一般的な使い方であればダイレクト転送で十分であるため、「ハイブリッド方式」の採用により事実上ダイレクト転送に統合されました。

SmartFTPでファイルのアップロードやダウンロードをするのは一目瞭然。エクスプローラと変わらない感覚でドラッグ・アンド・ドロップするだけです。SmartFTPの優れているところは、SmartFTPのウィンドウ内だけでなく、デスクトップや他のエクスプローラウィンドウとの間でもドラッグ・アンド・ドロップでファイルのアップロードとダウンロードできる点です。

テストファイルはデスクトップに置くことがあるかもしれませんが、他のFTPクライアントだといちいちデスクトップのフォルダを開いた上でアップロードしなければなりません。その点、SmartFTPはシームレスにドラッグ・アンド・ドロップできるので、フォルダ切り替えのイライラから解放されます。

右から左へ受け流してアップロード
[写真1] SmartFTPの右ペインに表示される「ローカルブラウザー」から左ペインの「リモートブラウザー」にドラッグ・アンド・ドロップでアップロードします。ここでは「homepage」フォルダにドロップしました。
アップロード完了
[写真2] SmartFTPの左ペインの表示が「homepage」フォルダが展開された状態でファイルがアップロードされたことが確認できます。
左から右へ受け流してダウンロード
[写真3] たった今、アップロードしたファイルをダウンロードしてみます。左ペインのリモートブラウザーにあるファイルを、右ペインのローカルブラウザーにドラッグ・アンド・ドロップしてダウンロードします。
「ファイルがあります」→「上書き」
[写真4] すでにファイルがあるので、「ファイルがあります」という上書きを確認する画面が表示されます。これはアップロードをする際でも表示されます。ここでは上書きするので「上書き」をクリックします。
デスクトップからアップロード
[写真5] デスクトップに一時的に作ったファイルをアップロードすることもできます。何も考えずにファイルをリモートブラウザーにドラッグ・アンド・ドロップするだけです。
アップロード完了
[写真6] デスクトップのファイルがFTPサーバーにアップロードされました。もちろん、逆方向、つまりFTPサーバーからデスクトップにダウンロードすることもできます。

ここではシンプルに1つのファイルをアップロードしましたが、ShiftキーやCtrlキーを使って複数のファイルを選択した状態でアップロード、ダウンロードしたり、階層のあるフォルダをまるごとアップロード、ダウンロードすることも当然できます。